このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンを取り付けるのにはセパレートタイプのエアコンを選ぶと、壁に穴をあけなければなりません。この穴をあけるという行為は通常のエアコン取り付け業務に入っている工程となります。しかし基本的に業者で無料の穴あけを行う場合は、壁の作りが木造であることが前提となっているのです。

したがって、それ以外のコンクリートやレンガなど木造以外の素材となると壁の穴をあけるのが木造とは打って変わるため、追加料金を取られる場合も多いです。またエアコン取り付けにおいて壁に穴をあける場合、気を付けるのは追加料金がかかることだけではありません。

ホースを通すための穴を壁にあける際には、壁の中で支えとしての機能を果たしている筋交いに穴をあけないように注意が必要です。このように事前にトラブルをためにも、具体的にどのようなところを確認して依頼するべきなのか見てみましょう。

エアコンの右下に穴をあける理由

ホース普段部屋を涼しくしたり、温かくしたり頻繁に使うものとしてエアコンがあります。ではエアコンの構造をご存知でしょうか。日常生活でエアコンをまじまじ見る機会は少ないかもしれませんが、エアコンを使用するためには室外機と室内機をつなぐ穴が必要です。これをセパレートタイプのエアコンと言い、室内機と室外機に分かれたエアコンをセパレートタイプと言います。この室外機と室内機をつなぐ際にはホースで繋ぐこととなりますが、この際に外と中をつなぐため壁に穴をあける方法が一般的です。

なぜエアコンを取り付けるのに穴をあける必要があるのかというと、その理由はエアコンを使用した時に実は水が排出されるからになります。この水は、壁に穴あけをした部分に差し込む管から排出されています。そのため、きちんと外に排出できるようにエアコン本体の右下に角度をつけて取り付けられているのです。

もしも取り付けが平行であったりエアコン本体よりも上の位置に管が取り付けられていたりする場合は、水がうまく排出されず水漏れの原因にもなると予想されます。さらにこの状態で放っておくと、壁の中が水で腐ることもあるので要注意です。

穴をあけるのは一般的に使用されるエアコンには必要不可欠です。したがって、エアコン取り付け業者の取り付け工程の中には、木造の壁を前提とした穴あけは取り付けの工程に含まれているため追加料金がかかりません。しかし、これがレンガやコンクリートだと追加で費用がかかる恐れがあるので気を付けなければなりません。

借りている部屋の壁の穴あけ

エアコンの取り付けを希望する方の中には、借りた家のエアコンが故障しているなどの理由で、部屋に取り付けたいという方もいるのではないでしょうか。この場合、勝手に穴をあけても良いのか心配になるものです。実際のところは、その通りで家の持ち主の方やその建物を管理している方への確認が必ず必要になります。

この理由は工事後のトラブルに発展することを避けるためです。エアコンを使用するためには外に置く室外機と部屋の中にある室内機を付ける必要があるでしょう。エアコンの取り付けには壁に穴をあけたり、工具を使ってエアコンを取り付けたりすることになります。そのため、賃貸マンションなどでエアコンをつける場合には許可をもらうことが必須です。

借りている部屋にエアコンを取り付ける時には必ず自費で取り付け費用を出さないといけないと思っている方もいます。貸している方にエアコンの取り付け工事を行っても構わないか確認を取らなければならないとは言いましたが、必ずしもエアコン取り付けを自費で出さなければならないわけではありません。

というのも契約書に記載されている内容によっては、自分で負担しなくてもいい場合もあるのです。具体的に部屋を貸している方に負担してもらえる項目としては、まず契約書にエアコンが完備されているとあるときが項目の1つ目として挙げられるでしょう。2つ目はエアコンが故障した場合、修繕は部屋を貸している側が負担することになっているときになります。

この2点が記載されている場合にはエアコン取り付け工事にかかる費用の負担を頼むことが可能とされています。そのためエアコンの取り付け工事に加えて壁の穴あけの必要がある場合は、大家さんや建物の管理会社に1度相談してみましょう。

筋交い部分の穴あけに注意

エアコン取り付けのために壁への穴あけを行う場合は、筋交いに穴をあけないようにする点を特に注意しなければなりません。これはエアコン業者さえ気を付けていればいいのではと思う方もいるかもしれませんが、そうではなく見積もりや相談の時点で依頼者側も気を付けておかねばなりません。

筋交いという言葉をご存知でしょうか。筋交いは建物を支えている柱に4つの角に対して対角線に取り付ける建材のことを指します。この筋交いは建物が揺れた場合など耐震性を上げるための大切な役割を担っているため、建物を建てるのには重要なものです。そのため、筋交いがあるのとないのでは建物の強度が変わってくるとも言われています。

先ほど建物の耐久性にも関わると言ったように、もしもこの筋交いに穴をあけてしまった場合には、家の強度が下がる可能性もあります。また筋交いに穴をあけるのは、危険であるとされています。したがって、この筋交いを避けて穴をあけてもらえるようにきちんと打ち合わせをしておく必要があるでしょう。

とは言え、実際に知らないうちに筋交いに穴をあけられて危険だったという事例もあるため、依頼する側の方も注意しておくようにしましょう。

まとめ

壁に穴をあけたくないという方も中にはいます。しかし、エアコンを使うためには水を外に排出する必要があるため、ホースが必要ないエアコンを選ばない限りは穴をあける必要があると言えるでしょう。そのため、エアコンの取り付けの過程には必ず壁の穴あけがあります。ここで壁の穴あけをするにあたり、確認しておく点があります。

1つ目は、賃貸マンションなど大家さんや建物管理会社から建物を借りている場合です。エアコンが完備されている部屋も多いですが、故障してしまった時などにエアコンを新しく買って取り付けるという方もいます。この際は事前にトラブルを避ける意味を込めて、きちんと部屋を貸している方に許可を得ておくようにしましょう。

2つ目は壁に穴をあける際に筋交いに、穴をあけないようにすることです。筋交いは建物自体の強度を高める役割を担っています。そのため、そこに穴が開くと建物が不安定になる可能性もあります。したがって工事する側だけではなく、依頼者側もそこに気を付けると良いのではないでしょうか。