新築の住まいにエアコン取り付けをする際のポイント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

新築の住まいには通常エアコンがつけられていません。そのため、これから引っ越しをするにあたって、まずはエアコン取り付けについて考えておかなければいけません。春や秋の場合はエアコンがまだ必要ではないかもしれませんが、後々になってエアコンが必要となります。そのため、早めに設置しておくに越したことはないでしょう。

それでは新築の住まいにエアコンを取り付ける際にはどのような点に気をつけた方が良いのでしょうか。こちらではエアコン取り付けについてポイントをまとめています。現在、家を建てていたり、これから新築の住まいに引っ越しをしたりする予定のあるという方はぜひとも参考にしてください。さまざまな注意点を意識することで、トラブルなくエアコン取り付けができます。

エアコン取り外しは業者に頼む

業者もし現在使っている古いエアコンを新居に移したいならば、取り外しをしなければいけません。こちらは業者に任せてください。エアコン取り付けだけではなくて取り外しについても業者に依頼することができます。たとえば、取り外しと取り付けを同じ業者に頼むこともできるでしょう。エアコン取り外しは素人ですることは不可能です。工事費用を節約するために自分でやりたいという方がいるかもしれませんが、トラブルの原因となってしまうためやめましょう。

信頼できる業者に依頼する

エアコン取り付けや取り外しは専門的な知識や技術が要求されるものです。そのため、きちんとした実績のある業者に依頼するべきです。きちんと取り付けをしてもらえないと、エアコンがきちんと動作しなくなってしまうでしょう。場合によっては壁に穴をあけたり、コンセントの工事などもする必要があったりします。これらについては、エアコンだけではなくて住宅についての知識も必要となってきます。たとえばほとんど知識のないアルバイトが設置したために、新築の住まいの構造体にまで影響を与える損傷が発生したというケースもあります。

このような事態を避けるにはきちんとしたベテランの作業員のいる業者に任せるべきです。アルバイトや下請けの業者に任せているような業者を利用するべきではありません。特に安い費用で工事を請け負う業者には気をつけましょう。安い賃金で雇えるアルバイトのスタッフが作業をする可能性が高いからです。

家の建築時にエアコン設置をする

エアコン取り付けについては、家を建築しているときに行ってもらうのが一番良いでしょう。穴を開ける必要があるのですが、そちらは建築をしている職人に頼むことができるのです。家を建てている職人であれば、どのように穴を開ければ住まいに影響を与えないのかを熟知しています。穴さえ開けてもらえれば、あとは業者に任せてエアコン設置をスムーズに進めてもらうことができます。新居に引っ越しをすれば、すぐにエアコンを使うことができるでしょう。

電気工事士の資格を確認

もし新築の住まいにエアコンを設置してもらうならば、作業をする人が電気工事士の資格を持っていることを確認しましょう。実際にはエアコン機器の取り付けについては資格を持っていなくてもすることができます。しかし、電気工事士の資格を持っている人でないとできない作業も存在しています。これについては、電気工事士の資格が必要となるのです。

たとえば電源工事をしたり、電圧切り替えをしたり、配線器具交換をしなければいけないケースがあるのです。これらは電気工事士の資格がなければいけません。業者を利用する際に、もし電気工事が必要となるならば、その資格を持っているスタッフがいることをしっかりと確認しましょう。資格のない人が電気工事をするのは違法行為なのです。トラブルの原因となってしまうでしょう。