エアコン取り付け料金の相場は?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンは暑い夏を乗り切るためには必須アイテムですが取り付け工事を行う必要があります。自分でエアコンの取り付けが出来るという方は問題ないのですが、僕の場合は専門の業者に取り付けを依頼することになるでしょう。しかしながら素人ですとどれぐらいの工事費が妥当な値段なのかが分かりにくいこともあります。これエアコン取り付けに関連する様々な工事費用の料金をご紹介します。

標準工事の相場

お金エアコンの取り付けには標準工事とオプション工事という二つがあります。標準工事というのは基本的に初めから付いているものだけで取り付けが終了する工事のことです。エアコンにはもともと4Mほどの配管がついています。その配管を室内機と室外機を結ぶために用います。4M以内にその二つが設置することができれば元々ついている配管だけで工事することができるため、追加料金はかからずに工事をすることができるでしょう。その場合は取り付け業者にもよりますがだいたい1万円から15000円程度の工事費が相場です。

また新規でエアコン購入する場合には標準的な取り付け工事が無料のキャンペーンを行っている可能性もあります。新規のエアコンを購入する場合には色々な電気店を見てより安く設置することのできるキャンペーンなどが行われていないかをチェックすると良いでしょう。また地元のエアコン取り付け専門業者に依頼するほうが、量販店で依頼する取り付け工事よりも安く済むことも多々あります。いつから出来る限り複数の業者で取り付け工事の見積もりを取った方がお得に取り付けが出来る可能性が高まるでしょう。

オプション料金はどのようなものがあるのか

オプション料金がかかる可能性のあるものとして配管が短い場合の追加の配管の料金があります。室内機と室外機が一階と二階に分かれている場合には場合によっては8メートルほどの配管が必要となります。その場合は数千円工事費用が追加料金としてかかってしまうでしょう。そのため出来る限り室内機と室外機は近いうちに取り付けられる場所を選ぶと良いでしょう。また必ずしも必要ではありませんが配管を隠すための衣装カバーをつけると言った工事もオプション料金がかかります。その場合には前によっては1万円ほどかかってしまうこともあり、後はどれぐらいの長さにカバーを設置するのかによって変わってきます。

さらにエアコン用のコンセントは通常のコンセントと違って電圧が高めに設定されています。もしも通常のコンセントしかない場合には回路増設が必要となってしまいます。その場合全ての工事費を合わせて3万円ほどかかることもあります。また配管が傷ついてしまったりするとガスが漏れてしまうことがあります。新規でエアコンを取り付ける場合には配管が傷ついている可能性は非常に少ないですが、古いエアコンからの配管をそのまま使うと言った場合には傷がついてしまっている可能性も高いでしょう。その場合にはガス補充をしてもすぐに抜けてしまうため配管そのものを交換する必要があります。

このようにエアコンの取り付け工事には様々な条件によってオプション料金がかかる可能性があることを覚えておきましょう。また標準取り付け工事に関しても依頼する取り付け業者によって価格もまちまちであることを踏まえ、できるだけ多くの取り付け業者に見積もりを取ってもらうことで無駄のない取り付け工事ができるでしょう。また最近ではエアコンの取り付け業者に関してもサイトなどで口コミを調べることができます。値段だけで判断するとあまり技術のない取り付けをされてしまう可能性もありますので、実績や口コミを比較しながら取り付け業者を検討するのも良いでしょう。