アパートの部屋でもエアコン取り付けはできる?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

夏場には、熱中症のニュースが話題になることも珍しくはありません。暑い日本の夏には、エアコンはもはやかかせないものといえるでしょう。賃貸アパートも、最近ではほとんどの部屋にエアコンがついています。しかしアパートのエアコンは、誰が管理すべきものなのでしょうか。故障したら、修理は誰の責任で行うべきでしょう。また、新規エアコン取り付けを考えた際に、誰に許可を取り、誰が費用を出すのか、わからないこともあるはずです。アパートのエアコン取り付けの問題について、これからご説明します。

新規にエアコン取り付けを考えるとき

アパート今や賃貸アパートでも、ほとんどの部屋にエアコンがついています。ない場合であっても、壁に金具や穴など、設置できる設備はすでに整っているものがほとんどではないでしょうか。基本的に、アパートで新しくエアコン取り付けを考えるときには、大家さんに相談することが必要です。無断で取り付けてはいけません。しかし、もともとエアコン取り付けの設備がある場合には、さほど問題なく許可が下りるはずです。問題なのは、これまでエアコンを設置した跡がないアパートです。エアコン取り付けは、必ず壁に穴を開けなくてはできません。アパート物件を傷つけることになるため、大家さんからは嫌がられることもあります。

しかし、無断で強行した場合は必ず問題になりますので、エアコンに関しては、できるだけ入居前に確認しておいたほうがよいでしょう。また、こうした場合、多くはエアコンの購入代、取り付け費用は入居者自身が負担することになります。場合によっては、退去時に原状回復を求められることもあるので、その点も事前に確認しておきましょう。原状回復は、壁の穴をパテで埋め、エアコンも処分するなり、新居に運ぶ必要があります。

アパートの設備としてのエアコン

しかし、場合によっては、アパートの部屋にエアコン取り付けができる環境を、大家さん、もしくは賃貸会社に作ってもらうことができます。入居時に交わした賃貸契約書を確認してみましょう。この中に、修繕という項目があります。修繕の対象となる設備の中に、エアコンがあれば、エアコンを使う環境は作ってもらうことができます。この項目があれば、エアコン取り付けの許可はまず間違いなく下りるでしょう。購入費、エアコン取り付けの費用は、この場合も基本的には入居者となりますが、話し合いでもめることはまずなくなります。

アパート退去時にエアコンをどうするか

自分で買ったエアコンですから、引っ越し先に持って行くことは問題ありません。しかし念のため、エアコンを取り外すことは大家さんには前もって伝えておきましょう。トラブルになりがちなのが、エアコンを置いていく場合です。意外に思われますが、多くの大家さんや賃貸会社が、退去時に使用済みのエアコンを撤去することを求めます。

退去時に置いておかれるエアコンのことを、残置エアコンといいますが、これは大家さんや賃貸会社にとっては、トラブルの原因になりかねないものです。たとえばそのエアコンが今後も使えるかどうか、調べる手間がまずかかるでしょう。壊れていたら修理するか、処分する費用がかかります。また、次の入居者が新しいエアコンを用意していた場合には、設置場所を開けるために古いエアコンを撤去しなければいけないでしょう。撤去費用、処分料が合わせてかかります。

また、設備として使用した状態で、故障が起きたらどうなるでしょうか。入居者との間で、どちらが修理費を負担するかの問題がおきます。このように、古いエアコンを置いていくことはあまり好まれませんので、アパートを去るときにはエアコンを持っていくか、処分するほうがトラブルになりません。