エアコン取り付けを依頼する場合の注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンは真夏には特に必要性を感じる重要なアイテムです。そのためエアコンが古くなってきたり新しく引っ越したりした場合には真っ先に取り付けたいと思うことでしょう。しかしながらエアコンの取り付けには専門的な知識や技術が必要です。自分で取り付けられないという方はエアコン取り付け工事を依頼しなければなりません。では取り付け工事を依頼する上でどのような点を踏まえておくと良いのでしょうか。

配管交換は必要なのか

業者エアコンの取り付けを依頼する場合取り付けに際して配管が劣化していると言われることがあるかもしれません。配管が劣化している場合とても危険なことがあります。そこからガス漏れをする可能性も高く、そのリスクを考えると多少お金を払ってでも配管を交換した方が良いと思うかもしれません。しかし新しい配管にしたとしても必ずしもガス漏れを絶対に引き起こさないという保証にはなりません。通常数年の使用であれば交換する必要はないでしょう。また配管の交換を取り付け業者の言われるままに行う前に、ひび割れや傷がないかどうかを確認すると良いでしょう。もしもそうした傷かなければ特にすぐに取り替える必要はないと言えます。持論取り替えることによって安心できるということであればそれは自由ですが、必ずしも取り付けの設置業者が言うようにすぐにガス漏れをしてしまうというわけではないケースがほとんどです

ガスチャージは必要か

エアコンの取り付けを依頼する際にガスチャージを必要といわれることもあります。しかし基本的にエアコンの移設でのガスチャージは必要ありません。取り付け業者がしっかりとポンプダウンや施工を行っていればガス補充をする必要は基本的にないと言えます。エアコンを何年も使用していたとしてもその点は変わりません。ですからガスチャージが必要という業者の場合その取り付けの技術を疑った方が良いかもしれません。

しかしながらガスチャージが必要なケースというものもあります。そのうちのひとつがガス漏れをしている場合です。フレアナットを強く締めすぎたり逆に緩くしすぎたりするとガスが漏れてしまう可能性があります。空に何らかの破損によってガス漏れをする必要がありその場合はガス補充が必要となるのです。またガス漏れしているかどうかを判断するにあたりエアコンの効きを調べるというのも簡単な方法です。エアコンの効きが悪くなるとどこかでガスが漏れてしまっている可能性を疑いましょう。そのような症状があればガス補充の必要があるかもしれません。

十分な見積もりをとりましょう

エアコンの取り付け工事を依頼する際には十分な見積もりを取ることが必要です。フレア加工や穴あけ工事など様々なオプションによって工事費用がかさむことも考えられます。また必ずしもそれをしなければエアコンを取り付けることはできないっていうわけではないこともあります。専門業者に言われてしまうと全てをしなければいけないと思いがちですが、疑わしいところは細かいところまで聞くようにしましょう。またエアコンの機種によっては100Vや200Vがあります。コンセントプラグを変換しなければならない可能性もあり、その場合には当然別途料金が必要となります。

このようにエアコンの取り付け工事を依頼する場合に、予め覚えておくと役立つ知識があります。またエアコンの取り付け場所によっても大きく省エネ効率が変わってきます。エアコンの取り付けを業者に依頼する場合にはそのような細かな点までアドバイスしてくれるような良心的な業者を選びましょう。また事前の見積もり以外何も追加料金を取らないような業者もおすすめです。分からない点があれば遠慮せずに質問することによって納得のいく取り付け依頼ができるでしょう。