マンションのエアコン取り付けで欠かせない化粧カバー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

マンションでもエアコンは当たり前の時代でしょう。ですが、なかなか多くの問題を抱えるのがマンションでもあります。新築のマンションを購入しても、実はエアコンがうまく使えないといったことも出てくるでしょう。エアコン取り付けが簡単にいかない理由として、構造があげられますが、簡単に加工することができない問題を抱えているからです。室外機との距離といった問題もありますし、丸見えになってしまうということもクリアしていかなければいけません。

マンションで困るエアコン取り付け

コンクリートエアコン取り付けに関して考えるとき、室外機への配管をどうするのかという問題が出てきます。マンションの場合には、スリーブ管が通してある場合には、これを利用すれば問題はありません。あとから穴を開けるというのは、かなりの問題になってしまうのは、構造上重要な意味を持っているからです。マンションの外壁は、全体の構造を保つために必要です。耐力壁と呼ばれることもありますが、内部には鉄筋も廃されており、設計の段階から穴が開くことは強度として想定していないため、あと施工ができません。

マンションの外壁の問題として、コンクリートであるというところもあるでしょう。木造や壁厚のあまりないモルタル程度であれば、簡単に削孔もできます。ですが、マンションのコンクリート製の外壁は、壁厚もかなりのものになってしまうでしょう。そうなると、水を使ってダイヤモンドコアで抜かなければいけません。この時に、配筋されている鉄筋を切断してしまうようなことも出てきます。そうなると、構造的にさらに弱めてしまうことになるため、申請をしても許可されるようなことはまずありません。

技量のある業者に依頼

マンションの場合には、スリーブ管を事前に設置しておくのが一般的です。これでも壁としての強度は落ちることにはなりますが、あとから施工するよりもはるかに強度を維持することができます。この穴を利用することになりますが、どの部屋も外壁に接しているわけではありません。中には共有通路などに接しており、離れている部屋にエアコンが必要になることがあるでしょう。この場合には、配管が丸見えになってしまうことになるため、化粧カバーなどで隠すようにするのも大切です。

化粧カバーは、室内用と室外用がありますが、配管を丸見えにしないようにする役割を持っています。そのままでも気にならなければ必要がありませんが、見た目はかなりの違和感になってくるでしょう。室内の美観ということでも、粘着テープを巻かれた配管をそのままにするのは、あまりメリットがありません。一般家庭で考えると、必須の条件のひとつになってくるでしょう。

エアコン取り付けに関して言えば、化粧カバーはオプション扱いであり、別途請求されることになってきます。マンションの場合には、内装のカラーに合わせた選択も必要になってくるでしょう。エアコン取り付け日当日に話しても、合うようなものを用意できないこともあるため、事前に打ち合わせをして、適切なものを探しておく必要もあります。

化粧カバーは、自分でおこなうこともできるでしょう。しかし、仕上がりという面では、プロとアマチュアでは全く違います。配管を長く通すことも多いマンションの場合、どうしてもあらが目立てば違和感を生じることになるでしょう。プロの仕上がりは全く異なってくるため、エアコン取り付けと同時に施工するのが確実な方法といえます。

収まりというところでは、エアコン取り付け業者の腕の差も出てきます。細かな造作仕事になってくるため、技量や経験がかなりの差を生むことになるでしょう。マンションの大事な内装になってくるのですから、しっかりとした専門業者に依頼するということが大切になってくる部分です。