マンションのエアコン取り付けで欠かせない化粧カバー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

マンションでもエアコンは当たり前の時代でしょう。ですが、なかなか多くの問題を抱えるのがマンションでもあります。新築のマンションを購入しても、実はエアコンがうまく使えないといったことも出てくるでしょう。エアコン取り付けが簡単にいかない理由として、構造があげられますが、簡単に加工することができない問題を抱えているからです。室外機との距離といった問題もありますし、丸見えになってしまうということもクリアしていかなければいけません。

マンションで困るエアコン取り付け

コンクリートエアコン取り付けに関して考えるとき、室外機への配管をどうするのかという問題が出てきます。マンションの場合には、スリーブ管が通してある場合には、これを利用すれば問題はありません。あとから穴を開けるというのは、かなりの問題になってしまうのは、構造上重要な意味を持っているからです。マンションの外壁は、全体の構造を保つために必要です。耐力壁と呼ばれることもありますが、内部には鉄筋も廃されており、設計の段階から穴が開くことは強度として想定していないため、あと施工ができません。

マンションの外壁の問題として、コンクリートであるというところもあるでしょう。木造や壁厚のあまりないモルタル程度であれば、簡単に削孔もできます。ですが、マンションのコンクリート製の外壁は、壁厚もかなりのものになってしまうでしょう。そうなると、水を使ってダイヤモンドコアで抜かなければいけません。この時に、配筋されている鉄筋を切断してしまうようなことも出てきます。そうなると、構造的にさらに弱めてしまうことになるため、申請をしても許可されるようなことはまずありません。

技量のある業者に依頼

マンションの場合には、スリーブ管を事前に設置しておくのが一般的です。これでも壁としての強度は落ちることにはなりますが、あとから施工するよりもはるかに強度を維持することができます。この穴を利用することになりますが、どの部屋も外壁に接しているわけではありません。中には共有通路などに接しており、離れている部屋にエアコンが必要になることがあるでしょう。この場合には、配管が丸見えになってしまうことになるため、化粧カバーなどで隠すようにするのも大切です。

化粧カバーは、室内用と室外用がありますが、配管を丸見えにしないようにする役割を持っています。そのままでも気にならなければ必要がありませんが、見た目はかなりの違和感になってくるでしょう。室内の美観ということでも、粘着テープを巻かれた配管をそのままにするのは、あまりメリットがありません。一般家庭で考えると、必須の条件のひとつになってくるでしょう。

エアコン取り付けに関して言えば、化粧カバーはオプション扱いであり、別途請求されることになってきます。マンションの場合には、内装のカラーに合わせた選択も必要になってくるでしょう。エアコン取り付け日当日に話しても、合うようなものを用意できないこともあるため、事前に打ち合わせをして、適切なものを探しておく必要もあります。

化粧カバーは、自分でおこなうこともできるでしょう。しかし、仕上がりという面では、プロとアマチュアでは全く違います。配管を長く通すことも多いマンションの場合、どうしてもあらが目立てば違和感を生じることになるでしょう。プロの仕上がりは全く異なってくるため、エアコン取り付けと同時に施工するのが確実な方法といえます。

収まりというところでは、エアコン取り付け業者の腕の差も出てきます。細かな造作仕事になってくるため、技量や経験がかなりの差を生むことになるでしょう。マンションの大事な内装になってくるのですから、しっかりとした専門業者に依頼するということが大切になってくる部分です。

エアコン取り付けを依頼する場合の注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンは真夏には特に必要性を感じる重要なアイテムです。そのためエアコンが古くなってきたり新しく引っ越したりした場合には真っ先に取り付けたいと思うことでしょう。しかしながらエアコンの取り付けには専門的な知識や技術が必要です。自分で取り付けられないという方はエアコン取り付け工事を依頼しなければなりません。では取り付け工事を依頼する上でどのような点を踏まえておくと良いのでしょうか。

配管交換は必要なのか

業者エアコンの取り付けを依頼する場合取り付けに際して配管が劣化していると言われることがあるかもしれません。配管が劣化している場合とても危険なことがあります。そこからガス漏れをする可能性も高く、そのリスクを考えると多少お金を払ってでも配管を交換した方が良いと思うかもしれません。しかし新しい配管にしたとしても必ずしもガス漏れを絶対に引き起こさないという保証にはなりません。通常数年の使用であれば交換する必要はないでしょう。また配管の交換を取り付け業者の言われるままに行う前に、ひび割れや傷がないかどうかを確認すると良いでしょう。もしもそうした傷かなければ特にすぐに取り替える必要はないと言えます。持論取り替えることによって安心できるということであればそれは自由ですが、必ずしも取り付けの設置業者が言うようにすぐにガス漏れをしてしまうというわけではないケースがほとんどです

ガスチャージは必要か

エアコンの取り付けを依頼する際にガスチャージを必要といわれることもあります。しかし基本的にエアコンの移設でのガスチャージは必要ありません。取り付け業者がしっかりとポンプダウンや施工を行っていればガス補充をする必要は基本的にないと言えます。エアコンを何年も使用していたとしてもその点は変わりません。ですからガスチャージが必要という業者の場合その取り付けの技術を疑った方が良いかもしれません。

しかしながらガスチャージが必要なケースというものもあります。そのうちのひとつがガス漏れをしている場合です。フレアナットを強く締めすぎたり逆に緩くしすぎたりするとガスが漏れてしまう可能性があります。空に何らかの破損によってガス漏れをする必要がありその場合はガス補充が必要となるのです。またガス漏れしているかどうかを判断するにあたりエアコンの効きを調べるというのも簡単な方法です。エアコンの効きが悪くなるとどこかでガスが漏れてしまっている可能性を疑いましょう。そのような症状があればガス補充の必要があるかもしれません。

十分な見積もりをとりましょう

エアコンの取り付け工事を依頼する際には十分な見積もりを取ることが必要です。フレア加工や穴あけ工事など様々なオプションによって工事費用がかさむことも考えられます。また必ずしもそれをしなければエアコンを取り付けることはできないっていうわけではないこともあります。専門業者に言われてしまうと全てをしなければいけないと思いがちですが、疑わしいところは細かいところまで聞くようにしましょう。またエアコンの機種によっては100Vや200Vがあります。コンセントプラグを変換しなければならない可能性もあり、その場合には当然別途料金が必要となります。

このようにエアコンの取り付け工事を依頼する場合に、予め覚えておくと役立つ知識があります。またエアコンの取り付け場所によっても大きく省エネ効率が変わってきます。エアコンの取り付けを業者に依頼する場合にはそのような細かな点までアドバイスしてくれるような良心的な業者を選びましょう。また事前の見積もり以外何も追加料金を取らないような業者もおすすめです。分からない点があれば遠慮せずに質問することによって納得のいく取り付け依頼ができるでしょう。

アパートの部屋でもエアコン取り付けはできる?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

夏場には、熱中症のニュースが話題になることも珍しくはありません。暑い日本の夏には、エアコンはもはやかかせないものといえるでしょう。賃貸アパートも、最近ではほとんどの部屋にエアコンがついています。しかしアパートのエアコンは、誰が管理すべきものなのでしょうか。故障したら、修理は誰の責任で行うべきでしょう。また、新規エアコン取り付けを考えた際に、誰に許可を取り、誰が費用を出すのか、わからないこともあるはずです。アパートのエアコン取り付けの問題について、これからご説明します。

新規にエアコン取り付けを考えるとき

アパート今や賃貸アパートでも、ほとんどの部屋にエアコンがついています。ない場合であっても、壁に金具や穴など、設置できる設備はすでに整っているものがほとんどではないでしょうか。基本的に、アパートで新しくエアコン取り付けを考えるときには、大家さんに相談することが必要です。無断で取り付けてはいけません。しかし、もともとエアコン取り付けの設備がある場合には、さほど問題なく許可が下りるはずです。問題なのは、これまでエアコンを設置した跡がないアパートです。エアコン取り付けは、必ず壁に穴を開けなくてはできません。アパート物件を傷つけることになるため、大家さんからは嫌がられることもあります。

しかし、無断で強行した場合は必ず問題になりますので、エアコンに関しては、できるだけ入居前に確認しておいたほうがよいでしょう。また、こうした場合、多くはエアコンの購入代、取り付け費用は入居者自身が負担することになります。場合によっては、退去時に原状回復を求められることもあるので、その点も事前に確認しておきましょう。原状回復は、壁の穴をパテで埋め、エアコンも処分するなり、新居に運ぶ必要があります。

アパートの設備としてのエアコン

しかし、場合によっては、アパートの部屋にエアコン取り付けができる環境を、大家さん、もしくは賃貸会社に作ってもらうことができます。入居時に交わした賃貸契約書を確認してみましょう。この中に、修繕という項目があります。修繕の対象となる設備の中に、エアコンがあれば、エアコンを使う環境は作ってもらうことができます。この項目があれば、エアコン取り付けの許可はまず間違いなく下りるでしょう。購入費、エアコン取り付けの費用は、この場合も基本的には入居者となりますが、話し合いでもめることはまずなくなります。

アパート退去時にエアコンをどうするか

自分で買ったエアコンですから、引っ越し先に持って行くことは問題ありません。しかし念のため、エアコンを取り外すことは大家さんには前もって伝えておきましょう。トラブルになりがちなのが、エアコンを置いていく場合です。意外に思われますが、多くの大家さんや賃貸会社が、退去時に使用済みのエアコンを撤去することを求めます。

退去時に置いておかれるエアコンのことを、残置エアコンといいますが、これは大家さんや賃貸会社にとっては、トラブルの原因になりかねないものです。たとえばそのエアコンが今後も使えるかどうか、調べる手間がまずかかるでしょう。壊れていたら修理するか、処分する費用がかかります。また、次の入居者が新しいエアコンを用意していた場合には、設置場所を開けるために古いエアコンを撤去しなければいけないでしょう。撤去費用、処分料が合わせてかかります。

また、設備として使用した状態で、故障が起きたらどうなるでしょうか。入居者との間で、どちらが修理費を負担するかの問題がおきます。このように、古いエアコンを置いていくことはあまり好まれませんので、アパートを去るときにはエアコンを持っていくか、処分するほうがトラブルになりません。

エアコン取り付け料金の相場は?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンは暑い夏を乗り切るためには必須アイテムですが取り付け工事を行う必要があります。自分でエアコンの取り付けが出来るという方は問題ないのですが、僕の場合は専門の業者に取り付けを依頼することになるでしょう。しかしながら素人ですとどれぐらいの工事費が妥当な値段なのかが分かりにくいこともあります。これエアコン取り付けに関連する様々な工事費用の料金をご紹介します。

標準工事の相場

お金エアコンの取り付けには標準工事とオプション工事という二つがあります。標準工事というのは基本的に初めから付いているものだけで取り付けが終了する工事のことです。エアコンにはもともと4Mほどの配管がついています。その配管を室内機と室外機を結ぶために用います。4M以内にその二つが設置することができれば元々ついている配管だけで工事することができるため、追加料金はかからずに工事をすることができるでしょう。その場合は取り付け業者にもよりますがだいたい1万円から15000円程度の工事費が相場です。

また新規でエアコン購入する場合には標準的な取り付け工事が無料のキャンペーンを行っている可能性もあります。新規のエアコンを購入する場合には色々な電気店を見てより安く設置することのできるキャンペーンなどが行われていないかをチェックすると良いでしょう。また地元のエアコン取り付け専門業者に依頼するほうが、量販店で依頼する取り付け工事よりも安く済むことも多々あります。いつから出来る限り複数の業者で取り付け工事の見積もりを取った方がお得に取り付けが出来る可能性が高まるでしょう。

オプション料金はどのようなものがあるのか

オプション料金がかかる可能性のあるものとして配管が短い場合の追加の配管の料金があります。室内機と室外機が一階と二階に分かれている場合には場合によっては8メートルほどの配管が必要となります。その場合は数千円工事費用が追加料金としてかかってしまうでしょう。そのため出来る限り室内機と室外機は近いうちに取り付けられる場所を選ぶと良いでしょう。また必ずしも必要ではありませんが配管を隠すための衣装カバーをつけると言った工事もオプション料金がかかります。その場合には前によっては1万円ほどかかってしまうこともあり、後はどれぐらいの長さにカバーを設置するのかによって変わってきます。

さらにエアコン用のコンセントは通常のコンセントと違って電圧が高めに設定されています。もしも通常のコンセントしかない場合には回路増設が必要となってしまいます。その場合全ての工事費を合わせて3万円ほどかかることもあります。また配管が傷ついてしまったりするとガスが漏れてしまうことがあります。新規でエアコンを取り付ける場合には配管が傷ついている可能性は非常に少ないですが、古いエアコンからの配管をそのまま使うと言った場合には傷がついてしまっている可能性も高いでしょう。その場合にはガス補充をしてもすぐに抜けてしまうため配管そのものを交換する必要があります。

このようにエアコンの取り付け工事には様々な条件によってオプション料金がかかる可能性があることを覚えておきましょう。また標準取り付け工事に関しても依頼する取り付け業者によって価格もまちまちであることを踏まえ、できるだけ多くの取り付け業者に見積もりを取ってもらうことで無駄のない取り付け工事ができるでしょう。また最近ではエアコンの取り付け業者に関してもサイトなどで口コミを調べることができます。値段だけで判断するとあまり技術のない取り付けをされてしまう可能性もありますので、実績や口コミを比較しながら取り付け業者を検討するのも良いでしょう。

新築の住まいにエアコン取り付けをする際のポイント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

新築の住まいには通常エアコンがつけられていません。そのため、これから引っ越しをするにあたって、まずはエアコン取り付けについて考えておかなければいけません。春や秋の場合はエアコンがまだ必要ではないかもしれませんが、後々になってエアコンが必要となります。そのため、早めに設置しておくに越したことはないでしょう。

それでは新築の住まいにエアコンを取り付ける際にはどのような点に気をつけた方が良いのでしょうか。こちらではエアコン取り付けについてポイントをまとめています。現在、家を建てていたり、これから新築の住まいに引っ越しをしたりする予定のあるという方はぜひとも参考にしてください。さまざまな注意点を意識することで、トラブルなくエアコン取り付けができます。

エアコン取り外しは業者に頼む

業者もし現在使っている古いエアコンを新居に移したいならば、取り外しをしなければいけません。こちらは業者に任せてください。エアコン取り付けだけではなくて取り外しについても業者に依頼することができます。たとえば、取り外しと取り付けを同じ業者に頼むこともできるでしょう。エアコン取り外しは素人ですることは不可能です。工事費用を節約するために自分でやりたいという方がいるかもしれませんが、トラブルの原因となってしまうためやめましょう。

信頼できる業者に依頼する

エアコン取り付けや取り外しは専門的な知識や技術が要求されるものです。そのため、きちんとした実績のある業者に依頼するべきです。きちんと取り付けをしてもらえないと、エアコンがきちんと動作しなくなってしまうでしょう。場合によっては壁に穴をあけたり、コンセントの工事などもする必要があったりします。これらについては、エアコンだけではなくて住宅についての知識も必要となってきます。たとえばほとんど知識のないアルバイトが設置したために、新築の住まいの構造体にまで影響を与える損傷が発生したというケースもあります。

このような事態を避けるにはきちんとしたベテランの作業員のいる業者に任せるべきです。アルバイトや下請けの業者に任せているような業者を利用するべきではありません。特に安い費用で工事を請け負う業者には気をつけましょう。安い賃金で雇えるアルバイトのスタッフが作業をする可能性が高いからです。

家の建築時にエアコン設置をする

エアコン取り付けについては、家を建築しているときに行ってもらうのが一番良いでしょう。穴を開ける必要があるのですが、そちらは建築をしている職人に頼むことができるのです。家を建てている職人であれば、どのように穴を開ければ住まいに影響を与えないのかを熟知しています。穴さえ開けてもらえれば、あとは業者に任せてエアコン設置をスムーズに進めてもらうことができます。新居に引っ越しをすれば、すぐにエアコンを使うことができるでしょう。

電気工事士の資格を確認

もし新築の住まいにエアコンを設置してもらうならば、作業をする人が電気工事士の資格を持っていることを確認しましょう。実際にはエアコン機器の取り付けについては資格を持っていなくてもすることができます。しかし、電気工事士の資格を持っている人でないとできない作業も存在しています。これについては、電気工事士の資格が必要となるのです。

たとえば電源工事をしたり、電圧切り替えをしたり、配線器具交換をしなければいけないケースがあるのです。これらは電気工事士の資格がなければいけません。業者を利用する際に、もし電気工事が必要となるならば、その資格を持っているスタッフがいることをしっかりと確認しましょう。資格のない人が電気工事をするのは違法行為なのです。トラブルの原因となってしまうでしょう。